FIDR(ファイダー)は、開発途上国の子どもたちの支援と緊急援助を行う、国際協力NGOです。

コンポンチュナン州農村開発

元気な若者が農村を変える
本プロジェクトは、外務省日本NGO連携無償資金協力の交付を受けて実施しています。

プロジェクトが挑む課題

カンボジアのほぼ中央に位置するコンポンチュナン州は、全国24行政区のうち、貧困世帯の割合が2番目に高い地域です。ここでは、5歳未満の子どもの3人に1人は標準体重を大きく下回り、4人に1人は低身長の状態にあります。慢性的な栄養不良がその要因です。

その課題の背景にあるのは

カンボジアは、近年著しい経済的発展を遂げており、国全体での貧困率は、47.8%(2007 年) から 13.5%(2014年)へと大幅に低下しています。しかしそれは主に都市部の成長によるもので、首都プノンペンの貧困率は7.0%であるのに対し、農村地域のコンポンチュナン州では貧困率は46.5%となっています。このため農村に暮らす働き盛りの世代は男性女性とも収入を得るために出稼ぎや工場労働に流れていきます。農村は祖父母と子どもが残されて、零細な農業が営まれるしかありません。農村部の子どもが栄養不良に陥っている根本的な原因はここにあります。主要な農作物である米の生産性が低いことに加え、野菜や魚、肉、卵などを手に入れるのも容易ではありません。そして子どもが健康的に育つための栄養についての知識を得る機会もありません。

FIDRは2007年より4年間にわたり、コンポンチュナン州ロレイアッピア郡の5村で試験的なプロジェクトを実施しました。その有効性を確認し、2011年から2016年にかけて同州のロレイアッピア郡とボリボー郡の計5地区39村にて、稲作の増産や野菜栽培・養鶏の導入を進め、食生活の向上と収入増加を実現しました。農村に暮らす人々は出稼ぎや工場での労働に頼らずとも農業で十分に安定した生計を維持することができることに喜びと自信を深めました。並行して、子育て世帯を中心に健康と栄養に関する知識とその実践法の普及を図り、子どもの栄養状態も改善しました。

こうした取り組みが地元の人々の力で続けられ、更に発展していくよう、対象地の5地区それぞれに農民組合を設立しました。リーダーたちの中には、この経験を自分の村だけでなく、他の地域にもぜひ役立てたいという思いを抱くまでになり、コンポンチュナン州政府および農林水産省からもさらなる支援要請がFIDRに寄せられました。これに応えて、FIDRは新たなプロジェクトの展開を企画しました。

FIDRが目指すのは

プロジェクト対象地域の住民が自らの力で生活状況を改善し、十分かつ栄養のある食事を摂り、良好な健康状態を維持することができるようにします。

プロジェクトの活動場所

カンボジア・コンポンチュナン州ロレイアッピア郡5地区37村、テックポ郡3地区20村、ボリボー郡1地区6村

プロジェクトの効果を受ける人たち

ロレイアッピア郡2地区およびテックポ郡3地区、計5地区の32村の住民 約25,000人(6,187世帯)
※農民組合の強化に関する活動のみの受益者:
ロレイアッピア郡3地区とボリボー郡1地区、計4地区の住民:23,000人(5,587世帯)

現地で行う取り組み

1. 農業生産性向上:稲作技術(SRI農法)研修、養鶏技術研修、家庭菜園技術研修
2. 生活習慣および衛生状態の改善:乳幼児の身体測定、補完食の実演、公衆衛生研修、疾病予防研修等
3. 情報及び経験共有の促進:リーダーシップ研修、情報共有集会開催、地域ネットワーク構築等
4. 農民組合の組織基盤強化:マネジメント・マーケティング研修、組合事務所建設
※SRI(System of Rice Intensification)農法とは
稲の品種改良や化学肥料や農薬に頼らずに、高い収穫を実現できる稲の栽培方法。発芽後1〜2週間の乳苗を1本程度ずつ広い間隔で植える、田の水位管理を厳密に行い、除草を確実に行うといった作業により稲の生育力を高めることが特徴。従来の栽培法に比べ種籾や水の使用を大幅に減らしつつ、2〜3倍の収量が得られるため、多くの開発途上国で導入が進んでいる。

活動の期間

2017年度〜2020年度(総事業期間:2011年度〜2020年度)

FIDRのアプローチの特色

@先行事業で培った経験が現地の人々によって、新しい地域の人々に伝えられ、地区を超えた農家間の協力や学びあいの仕組みを構築します。
A学校を卒業しても就職口が極めて限られている農村部で、若い世代に農業の面白さ、可能性を伝えます。そこから意欲的に農業に取り組む人たち(=篤農家)が育てることで、地域全体の農業に対する取り組みや子どもの健康への配慮に大きな変化が生み出します。
B農民組合の運営能力や経営力を強化することで、農業組合を主体としたコミュニティの自立的発展を目指します。

プロジェクトの今