FIDR(ファイダー)は、開発途上国の子どもたちの支援と緊急援助を行う、国際協力NGOです。

ベトナム中部発展型農村総合開発

山岳地域の「お宝」をいかして産業を育てる

プロジェクトが挑む課題

経済成長が続くベトナムですが、その変化が著しいのは主に沿岸部です。多くの少数民族が暮らす山岳地域は取り残されており、格差の拡大が課題となっています。

その課題の背景にあるのは

クァンナム省は、豊かな自然環境や2つの世界遺産を有し、世界的に人気の観光地として注目されています。しかし、19の少数民族が暮らす山岳地域は地理的にアクセスしにくく、外部からの支援が少ないため、発展が遅れています。

ここには豊富な自然や少数民族の伝統的な技術・文化・価値観がまだたくさん維持されていることから、それらの地域資源を守りながら、活用することで、特色のある地域開発の可能性が十分にあります。

FIDRは2016年より同省において、独立行政法人国際協力機構(JICA)の「草の根技術協力事業」として「ナムザン郡少数民族地域における住民主体による地域活性化のための人材育成事業」(ナムザン郡地域活性化支援)を実施してきました。地域資源を活用した特産品の開発は活発に進み、国内外に販路を広げています。住民の手による観光開発も着実に評判を呼び、収入増加のみならずカトゥー族をはじめとする少数民族の地位向上にも大きく寄与しました。

これらの成果を高く評価したクァンナム省は、他の郡においても少数民族が主体となる地域産業の促進を目指すこととしました。ナンザン郡での経験を活用して、省内の山岳地域の9郡全体で商品開発、産業連携、官民の支援体制の強化を図りたいとFIDRへの協力を要請しました。

※「ナムザン郡少数民族地域における住民主体による地域活性化のための人材育成事業」(ナムザン郡地域活性化支援)の詳細はこちら

FIDRが目指すのは

クァンナム省において、地域の魅力と資源を活用した持続的な農村産業を促進するための基盤である人材育成、官民支援、マーケティング、後方支援の体制が機能することを目指します。

プロジェクトの活動場所

ベトナム・クァンナム省9郡
(タイヤン郡、ドンヤン郡、ナムザン郡、ノンソン郡、フックソン郡、ヒエップドゥック郡、ナムチャーミー郡、バクチャーミー郡、ティエンフック郡)

プロジェクトの効果を受ける人たち

・クァンナム省 9 郡の住民 304,381人(80,850 世帯)

現地で行う取り組み

1. 少数民族が主体となった、多様なアプローチを通した地域資源の開発
2. コミュニティ・ベースド・ツーリズムサイト(CBTサイト)の構築
3. 省内の沿岸部・丘陵地・山岳地間における流通体制の改善
4. 広域的産業連携を促すネットワーク(産業別ネットワーク、地域別ネットワーク)の構築
5. 地域振興促進の官民支援体制の構築と強化

活動の期間

2019年度〜2023年度

FIDRのアプローチの特色

@ 地域の少数民族が主体となって、地域資源を活用した商品開発、観光開発等すべての段階に関わるアプローチをとり、持続可能な発展を促進します。
A クァンナム省の9郡にわたる地域開発事業であるため、製品の標準化、広域でのキャンペーンの実施、省内の生産者と代理店のネットワーク構築等、広域での農村開発アプローチをとります。
B 省内の点在する観光拠点を広域観光ルートで繋いで、マーケットのニーズに応じた観光ルートを構築する等、広域での観光開発を進めます。
C クァンナム省の山岳地域での取り組みを「省レベルの農村開発」のモデルとして、他省に波及させる段階的なアプローチをとります。