FIDR(ファイダー)は、開発途上国の子どもたちの支援と緊急援助を行う、国際協力NGOです。

栄養

世界の問題―健康の源である栄養を適切に摂取できない

地球上で、5歳未満の子どもの死亡は、その3分の1以上は栄養不良が原因であるといわれています。栄養不良といっても、必ずしも食べるものがなく、やせ細った状態になるとは限りません。一定量を食べてはいても、栄養のバランスが極度に悪いために、体の抵抗力が弱く、病気にかかりやすく、治りにくいために、命を落としてしまうことが多いのです。

とりわけ、成長期にある子どもは十分な栄養をとることができないと、標準的な体重や身長を大きく下回り、身体能力や学習能力にも影響が生じます。また、お母さんの栄養が不十分であると、出産や育児に大きな困難が伴います。

バランスのとれた栄養をとることは、世界各国で大切な問題となっています。慢性的な栄養失調の子どもの数は、2000年以降減ってきていますが、現在でも5歳未満の子どもの5人に1人は、慢性的な栄養失調の状態にあります。その一方で、栄養の偏りや接収量の超過による肥満の子どもは4億人います。

出典:WHO (2018)

おもな原因

・人々が栄養に関する知識をもっていないために、子どもにふさわしい食事を用意できない。
・栄養に関する指導をする人材や教育の場がない。
・経済的な事情から、バランスの取れた食事ができない。
など

FIDRの取り組み

子どもの平均体重や平均身長においてカンボジアは東南アジアの標準を大きく下回ります。カンボジアでは、栄養の指導が教育体系の中に組み入れられておらず、子どもたちが栄養や食事について学ぶ機会はほとんどありません。FIDRは、学齢期の子どもの「推奨栄養所要量」とこれに基づく「食生活指針」の策定を行い、2017年11月にはこれが保健省より国のガイドラインとして認定されました。現在は、全国の公立学校における栄養教育の導入にあたり、カリキュラムや指導書の作成、教科書の執筆、指導者研修等の支援を行っています。